So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

【10観戦】 読売×阪神 11回戦 東京ドーム [阪神]

讀賣 2-8 阪神

もう、この日の試合はブラゼルの一発!
打球があがった瞬間、あまりの打球の大きさにレフトスタンドも一瞬静かになったくらい。スタンドイン確認後は歓喜の渦でしたが。
その直前の回のエドガーホームラン。レフトスタンドに位置してるとなんとなく涼しくなった気が・・・
周囲でも「なんか風吹いてきたで」という声も上がり始めたとたん、フラフラあがった打球がバックスクリーン左の最前列へ。
また、東京ドーム空調疑惑が多く語られることになるんだろうなあ。

さて、今日はデーゲーム。そろそろ出発の準備をするので短めに更新。
3タテとブラゼルの3戦連続の一発を期待。

【10観戦】 読売×阪神 10回戦 東京ドーム [阪神]

讀賣 8-10 阪神

久々に観戦記更新。
東京ドームは今年4回目。

7回までは0-4でリードを赦しがっかりな展開。
ヒットは讀賣7、阪神5とそう変わらんのに・・・
久保はそこそこ投げてたけど、エラーと一発により4失点。
打線もゴンザレス相手にチャンスは作るが、最後のあと一本が出ず重苦しい展開。
「きっかけさえあればビッグイニング作れそうなのに・・・」
とtwitterにつぶやいたあとの7回。
やってきましたビッグイニング!
先頭鳥谷から始まる好打順。
 鳥谷   ヒット
 平野   四球
 マートン 三塁打 2点
 新井   ヒット  1点
 ブラゼル 四球
 城島   ヒット  1点(同点)
 浅井   ヒット  代打・満塁
 金本   三振  代打(1死)
 関本   四球  代打・1点(押し出し)
 鳥谷   三振  (2死)
 平野   二塁打 1点(3死・浅井本塁封殺)
めっちゃ長い攻撃!応援し疲れてしまった。
きっかけは、無死1・2塁マートンの場面で無失点ゴンザレスから久保にスイッチした原采配。久保は打者5人にアウト一つもとれず。
こっから試合は一気にヒートアップ。
7回裏、久保から上園にスイッチ。
が、1死1・2塁、打席に阿部を迎えたところで、真弓監督ルーキー左腕藤原をマウンドに。
「ここでか」「大丈夫か」とどよめく3塁側。
「ここを抑えたらいい経験。一気にブレイクしてくれ」と祈りつつ見守る。
阿部の打球は、一塁へ強烈なライナー
ワンバウンドで捕球したブラゼル。「よっしゃ!」と思ったのもつかの間。
送球をあせったかボールをファンブル。満塁のピンチに。
西村にスイッチし、長野は抑え2死とするが、代打・高橋由に同点タイムリー、エドガーに逆転タイムリー2塁打を赦し、7回表の猛攻で盛り上がったのが一気に暗転。

ここまでか・・・と思った8回表。
やってくれるのは、やはりこの男、ブラゼルさん!
さっきのエラーが悔しかったに違いない。
1死1塁の場面で、粘りに粘る、追い込まれてもファウルで粘り、その一球を待つ。
越智の投じたボールをフルスイングで捉えた打球は、
バックスクリーンを直撃する特大弾!
エラーを帳消しにする逆転2ランホームラン!!
これが決勝点。

9回、鳥谷の2ランでリードを広げ、最後は球児を投入。
長野のソロホームラン被弾も、それ以外は磐石。

4時間を超えるゲーム。
初戦をとって、土日も連勝だ!

【10観戦】埼玉西武 × 阪神 西武ドーム [阪神]

埼玉西武 2x - 1 阪神

久々ブログ更新。
4.18横浜スタジアム以来の観戦
仕事定時あがりで有楽町線西武球場前行きにとび乗り、1時間ほど電車に揺られ球場へ。
電車の中で、ツイッターで試合経過をチェック
涌井の立ち上がりを攻めて、マートンタイムリーとの報に
「今日こそ涌井に勝てるか」
と、高まる期待を胸に電車の中。
球場到着は18:45ころ、回は4回、1点リードのままの場面から現地応援参戦。
平日の割に観客席は埋まってる。
さあ、こっから勝利目指して!との思いとうらはらに、
涌井の快投の前に打線は沈黙。
5回裏には、同点にされ重苦しい空気の中、終盤へ。
涌井に対して、フォッサム、西村も西武打線を抑えて譲らず。
真弓の継投が当たるように祈る気持ち。
9回表、二死ながらランナー二塁、打席金本さんという久々チャンスも四球、続く新井さんの打席、応援は盛り上がったのに、ファーストゴロで涌井に軍配。
その裏、二死二塁カウント2-3から片岡のさよならタイムリーで終了。
4連敗中の涌井からの勝利に限りなく近づくも一歩及ばず。
悔しい敗戦。
今日も再び観戦するので、リベンジだ!

そば処東京 [グルメ]

2、3ヶ月前に発見して気になっていたお店。
小洒落た立ち食いそば屋さん。
メニューは
 もりそば 600円
 肉そば 850円
とそれぞれの大盛りのみ。
発見したときから、新橋の「みなとや」と同じ雰囲気を感じて気になっていた。
店内に入ると、まずレジで前払い。肉そば・普通盛りをオーダー。
16時過ぎだったせいか、先客は高島屋帰り?な感じのおば様2名。
テーブルは円卓が3つ店内奥に向かって並んでいる。
卓の中央にはけっこう高さのある花が飾られていて、壁は腰くらいの高さ(みなとやの窓くらいの位置)に高さ10cmくらいの凹んだガラス張りの棚がライトアップされ、中には反物なんかがディスプレイされている。
待つことしばし、おそばが出来たのでカウンターで受領。
大き目のお盆にそば、つゆ、薬味(わさびと生姜の甘酢漬け)がのっている。
円卓の内側には、自由に取れるトッピング
 生卵
 天かす
 煎り胡麻
 白髪ねぎ
 大根おろし
 ラー油(今流行の具入りタイプ)
 マー油
以上が基本で、他に季節の具材があるみたい。
 この日はしらすがありました。
おそばが、ねぎ、味付き肉とまぶされていて、刻み海苔が上を覆っている。
つゆは、シンプル。油とかは入っていない。
そばは、細めで色は黒め。
一口すすってみる。そばの味を評価するには盛りにしとけばよかった、と思うも悪くない。
基本、関西人。うどん派なのでそばにそんな薀蓄があるわけでないので悪しからず。
続いて、つゆに白髪ねぎ、ラー油、マー油、煎り胡麻をいれ、そばにも胡麻をかけて食す。
マー油に期待していたのだが、マー油ってどんな味やったっけ?と(爆)な状態になってしまったが、なかなか。
自分で調整できるので、また行って色々試してみたい。
平日昼は、周辺のサラリーマンが多そう。
営業は無休で11:00~19:00。
新宿から徒歩で帰宅するルート上にあるので、また利用したいと思う。


場所の説明、新宿南口から高島屋前明治通りを原宿方向へ。
横断歩道を渡り、交番を過ぎたらすぐ右。ローソンの手前。

シャッターアイランド・・・ [映画]

予告編でかなり期待して、第9地区とどっと見ようかと迷った末にこちらを選択。
結果は・・・、予告編が良くできてました。という感じ。
本編の前に、目の錯覚の説明を流したり、ラストの驚きは見てない人には決して話さないでくださいと注意事項を流したり、謎解きを楽しむ映画ということのアピールとしては非常に凝っていて悪くないんだけど、自らハードルをあげてしまった分、本編の評価が厳しくなってしまう結果に。
ハードルがあがってなければ、十分に楽しめる謎もちりばめられていて、サスペンスとして十分な内容だったと思う。
もしかしたら、ちりばめられた謎を私が見落として評価していないだけかもしれないけれど。
吹き替えでもう1回見直してみるか?
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。